目(二重まぶた)治療

「目は口ほどにモノを言う」と昔からいわれ、顔全体の第一印象を大きく左右する重要なパーツ。二重の美容整形で目の形やバランス、まぶたの開き具合などを美しく整えて、目ヂカラをぐんとアップしましょう。当院が考案した先進の施術や高い技術で、魅力的な表情を作り出す理想の目もとを手に入れてください。

埋没法・切らない二重

ダウンタイムを最小限にする特別法もございます

埋没法・切らない二重

腫れや痛みが少なく、短時間で施術も終わる二重の『埋没法』は、安全性も高く、華やかで積極的な印象の二重を実現してくれます。時間をかけずに自然な二重まぶたに変身でき、メスを使わない二重手術法として大変人気の高い方法です。また、埋没法二重術には手軽に元の状態に戻すことができるという特徴と長所があります。 手技が簡単で習得しやすい手術であり、埋没法ができないという美容外科医はほとんどいませんが、埋没法には様々工夫された手技が考案されており、誰がやっても同じというわけではありません。当院では長年の経験により、できる限り腫れが少なく、戻りにくい方法を考案して実施しています。全く腫れるのがいやという人のために特別法もご用意しております。カウンセリングの際にはご希望の詳細をぜひ遠慮なくご相談ください。

腫れない二重まぶた

クイック・腫れない・バレない二重術

腫れない二重まぶた

二重にしたいけれど、どうしても腫れると困る。バレちゃうと困る。そうしたお望みの方に、当院では腫れない二重手術をご案内しております。 家族や友達、彼氏にもバレたくない。忙しくて休みが取れない。手術の後にも外せない用事がある。遠方から東京に来る予定がある。このような方にも当院であれば二重まぶたの手術をご案内できます。まずはご相談下さい。

脂肪取り二重

腫れぼったいまぶたから溌剌チャーミングな二重に

脂肪取り二重

ぼってりと垂れ下がったまぶたは、眠そう、具合が悪そうと、ともすれば暗い印象を持たれてしまうことにお悩みの方も多くいらっしゃると思います。脂肪取り二重は、まぶたから余分な脂肪を取り去ることで、若々しくチャーミングな目元にすることができます。 脂肪取り二重は2~3ミリの小切開よりまぶたの脂肪を取り去って二重を作る手術です。まぶたに脂肪が多く腫れぼったい印象のある方に最適の施術方法です。腫れぼったいまぶたをスッキリとさせて若々しくチャーミングな目にしたいという方におすすめ致します。傷は小さいのでほとんど目立ちませんのでご安心下さい。

切開法二重

全切開法なら上まぶたの脂肪も取れてすっきり理想の二重に

切開法二重

理想的な二重まぶたを実現する方法が切開法二重です。二重のラインが消える事がなく、幅の広い二重や末広の二重、自然な奥二重や、幅の広い平行型や幅の狭い平行型、タレントのようなパッチリした目にされたい方に最適です。腫れぼったい印象となる目の上の脂肪も取り去ることができるのが、全切開法です。 厚く腫れぼったいまぶたの方も理想通りの二重まぶたを形成することが可能です。無愛想に見られがちな腫れぼったい目元も、すっきりと優しい印象に生まれ変わります。熟練した医師であればさほど腫れずにくっきり、ぱっちりの理想通りの目になることができます。切開するのは希望する二重のライン上ですので、元々あった二重のラインのように手術跡も自然に馴染みます。なお埋没法をしてみたが元に戻ってしまった、思ったようにならないとお考えの方は切開法を検討してください。

上まぶたのたるみ取り

眉間や額のシワの原因にもつながる上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみ取り

上まぶたにシワやたるみがあると、実年齢より老けてみられがちです。加齢によって化粧品では解決できない皮膚のたるみが現れてしまうのです。上まぶたのたるみの原因となっている余分な皮膚を除去することで、まぶたがすっきりと若返るだけでなく、視界も広がって周囲の物も見えやすくなります。 まぶたは皮膚が薄い分、加齢とともに皮膚が下がりやすいデリケートな箇所です。加齢で目の周りを支える筋力が衰えてしまうと、皮膚が伸びて、そのたるみがまぶたに覆いかぶさり三角目を引き起こしてしまいます。さらに、重く垂れ下がったまぶたは視界を悪くするため、目を見開こうと無意識にまゆ頭に力が入り、まゆを持ち上げるので眉間や額にシワができやすくなってしまいます。また目が疲れやすくなり、頭痛や肩こりを招くこともあります。 伸びてしまった余分な皮膚を取り除けば、これらの弊害はもちろんのこと、一気に若返った印象を手に入れることができます。

下まぶたのたるみ取り・クマ取り

目の上のくぼみをふっくらさせると若々しい印象になります

落ちくぼんだまぶたは実年齢以上に老けて見える大きな原因となります。加齢によって上眼まぶたはくぼみやすくなります。老けて疲れて見えるために修正を希望される方が大勢いらっしゃいます。当院ではそれぞれの状態にベストな施術で、ふっくらと若々しい印象のまぶたへ導きます。 なお、上眼まぶたがくぼむと二重のラインがくずれる原因となります。くぼみをきれいに修正することでラインがきれいになりますので、最近二重のラインが気になっている方、お悩みの方はぜひ当院へご相談下さい。

くぼみ目修正

二重でも左右のライン幅が違う‥‥もっと整った二重にしたい

くぼみ目修正

生まれながらに二重ではあるけれど、どうにも二重のバランスが悪い。ライン幅が左右で違うため表情の印象にも違和感がある。もっとパッチリした目だったら。一重で悩んでいる方からすれば贅沢な悩みに思えますが、元々二重だからこその悩みもあるのです。アイプチをして幅を広げている方もいらっしゃいます。ですが、その度に違う誰かになってしまっていませんか?考え方や視点を変えて、二重埋没法や切開法で二重のライン幅を整え、バランスの取れた二重まぶたの毎日を過ごしてみませんか?スッピンでも外出できる。化粧時間が短縮できる。派手な化粧も似合う。毎日の中に喜びがたくさんあるはずです。迷っている方はぜひ当院のドクターへご相談下さい。

目頭切開

黒目の強調された華やかな目元に。

目頭切開

目頭切開法(蒙古ひだ形成)は、目頭から上まぶたにかぶさった蒙古ひだとよばれる皮膚を、切開して取り除く手術です。 アイラインを横に広げることで、目と目の間が離れた印象を改善します。 黒目もはっきり強調され、目を一層大きく見せることができますので、二重の手術と同時に行えば、より大きく華やかでパッチリした切れ長の目にすることができます。

目頭切開修正・蒙古襞形成

他院で目頭切開をしたが切りすぎたと感じる方。再形成・修正できます。

蒙古襞とは、上まぶたの内側から目頭部分にかけて覆いかぶさっている皮膚のことです。これが張りすぎていると目が細くなったり、目と目が離れて子供っぽい印象に見えてしまいます。多くの日本人には、目頭の部位に蒙古襞があるので、目頭を切開して欲しいという方が多く来院されます。しかし、反対に蒙古襞がほとんどないような状態だと、目が顔の中央に寄りすぎて、きつい印象に見えてしまうため、蒙古襞を作って欲しいという方もおられます。また、他院で目頭切開をしてみたが、切り過ぎたと感じて元に戻して欲しいという方もおられます。

目尻切開

目尻を一部分切開してアイラインを外側に広げ、目を大きく穏やかな印象に。

目尻切開

目が細く小さいと、どうしてもキツい印象に見られがちです。また目尻からこめかみまでの間隔が長いと、肌の面積が広くなって顔が大きく見えてしまいがちです。目尻切開は、目の外側を切ってアイラインを広げ、目を大きく見せる手術です。顔全体のバランスも整います。 目尻を切開することで目尻から下まぶたへのカーブが緩やかになり、細くてキツく見えた目も優しく穏やかな印象になるでしょう。たれ目やつり目の矯正もできます。また目尻からこめかみまでの間隔が縮まり肌面積が狭まるので、顔を小さく見せることができます。

眼瞼下垂

肩こりや頭痛の原因にもなるまぶたのたるみ

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは、上まぶたを開ける「眼瞼挙筋」という筋肉の力が弱くなったり、伸びてしまうという障害があるため、思うように目が開かなくなる状態、疾病のことです。眼瞼挙筋は眼の上奥から前のほうに伸び、挙筋腱膜という薄い膜と上眼瞼の瞼板という組織につながっています。眼瞼挙筋が弱まり、まぶたのたるみが起こる原因には、加齢によるもの、コンタクトレンズの長時間使用、パソコンでの目の酷使、逆さまつ毛などがあります。無理して目を開けようと力を入れてまゆを持ち上げようとすると、額や眉間にシワが入ってしまうため、表情が険しくなってしまうだけでなく、目が疲れやすくなり、肩こりや頭痛の原因にもなります。 眼瞼下垂の手術では上まぶたの眼瞼挙筋を縫い縮めることでまぶたの開く力を強化し、上まぶたを開ける力を強化します。繊細な手術装作が必要ですので、熟練した医師に任せることが重要です。

切らない眼瞼下垂

眼瞼下垂でも切開手術には不安がある方に

切らない眼瞼下垂

軽度の眼瞼下垂の場合には切らない手術で症状を改善できる場合もございます。眼瞼下垂のために目が開き難く、目が疲れる、肩こりがひどい、美容的にも印象が悪い等々のお悩み、症状があるものの、どうしても切開手術に不安があるという方には、“切らない眼瞼下垂”の手術をご案内できます。眼瞼下垂でも切る手術と比較してダウンタイムも短く、忙しくて休みが取れないという方にもおすすめです。しかしながら、切らない眼瞼下垂手術の効果、施術の可否には、眼瞼下垂自体の状態に個人差がございますので、まずは御来院いただき、カウンセリングと診察をお受け下さい。

二重左右差非対称修正

二重であるけれど‥‥左右のバランスが気になる

二重左右差非対称修正

もともと二重まぶたではあるけれど、二重のライン幅や瞳の大きさに左右差がある方。あるいは二重の手術を受けた後に二重の幅や瞳の大きさに左右差が出来てしまった方には、ある程度の範囲で修正することが可能です。目の左右差・非対称を修正することによって、目元の印象がぐっと良くなります。一般的には簡単な手術で修正可能な場合が多いのですが、片側が眼瞼下垂の場合には難易度が高い症例もございます。また、特に手術後に左右差非対称が生じた場合には、焦らずに経験と実績のある医師のカウンセリングを受け、同じ失敗を繰り返さないことが重要です。当院のドクターにぜひご相談下さい。

二重幅変更

二重でも左右のライン幅が違う‥‥もっと整った二重にしたい

二重幅変更

生まれながらに二重ではあるけれど、どうにも二重のバランスが悪い。ライン幅が左右で違うため表情の印象にも違和感がある。もっとパッチリした目だったら。一重で悩んでいる方からすれば贅沢な悩みに思えますが、元々二重だからこその悩みもあるのです。アイプチをして幅を広げている方もいらっしゃいます。ですが、その度に違う誰かになってしまっていませんか?考え方や視点を変えて、二重埋没法や切開法で二重のライン幅を整え、バランスの取れた二重まぶたの毎日を過ごしてみませんか?スッピンでも外出できる。化粧時間が短縮できる。派手な化粧も似合う。毎日の中に喜びがたくさんあるはずです。迷っている方はぜひ当院のドクターへご相談下さい。

Copyright© 2013 新宿御苑 美容クリニック 二重ナビ All Rights Reserved.