目頭切開

黒目の強調された華やかな目元に。

目頭切開法(蒙古ひだ形成)は、目頭から上まぶたにかぶさった蒙古ひだとよばれる皮膚を、切開して取り除く手術です。 アイラインを横に広げることで、目と目の間が離れた印象を改善します。 黒目もはっきり強調され、目を一層大きく見せることができますので、二重の手術と同時に行えば、より大きく華やかでパッチリした切れ長の目にすることができます。



ほんの数ミリ切除するだけです。

蒙古ひだを除去することで、余分な皮膚の張りが解消され理想の二重ラインを手に入れられます。目頭のヒダをほんの数ミリ切除して行う手術ですので、腫れもほとんどありません。またお化粧で隠さなくとも傷が気になるという訴えも今のところありません。

目頭切開修正・蒙古襞形成

他院で目頭切開をしたが切りすぎたと感じる方。再形成・修正できます。

蒙古襞とは、上まぶたの内側から目頭部分にかけて覆いかぶさっている皮膚のことです。これが張りすぎていると目が細くなったり、目と目が離れて子供っぽい印象に見えてしまいます。多くの日本人には、目頭の部位に蒙古襞があるので、目頭を切開して欲しいという方が多く来院されます。しかし、反対に蒙古襞がほとんどないような状態だと、目が顔の中央に寄りすぎて、きつい印象に見えてしまうため、蒙古襞を作って欲しいという方もおられます。 また、他院で目頭切開をしてみたが、切り過ぎたと感じて元に戻して欲しいという方もおられます。

笑顔の印象も魅力的に

蒙古襞形成術、目頭切開修正術によってひと回り目と目の間が離れ、目もと全体のバランスが整います。同時にやさしい印象になり、ニッコリ微笑んだときの笑顔もより魅力的なものになります。

目尻切開

目尻を一部分切開してアイラインを外側に広げ、目を大きく穏やかな印象に。

目が細く小さいと、どうしてもキツい印象に見られがちです。また目尻からこめかみまでの間隔が長いと、肌の面積が広くなって顔が大きく見えてしまいがちです。目尻切開は、目の外側を切ってアイラインを広げ、目を大きく見せる手術です。顔全体のバランスも整います。 目尻を切開することで目尻から下まぶたへのカーブが緩やかになり、細くてキツく見えた目も優しく穏やかな印象になるでしょう。たれ目やつり目の矯正もできます。また目尻からこめかみまでの間隔が縮まり肌面積が狭まるので、顔を小さく見せることができます。

目尻と目頭両方の施術でより大きな目に

なお、目頭切開と目尻切開を併用すると目がより大きく見えます。化粧映えのする大人っぽい目にできますので、ぜひご検討ください。

お問い合わせ

新宿御苑 美容クリニック 二重ナビ
Copyright© 2013 新宿御苑 美容クリニック 二重ナビ All Rights Reserved.